ワンちゃんとバイキング

「ワンちゃんとバイキング」イベントにお手伝いで行ってきました。

飼い主さん15名、犬17頭 スタッフ5名

 

ドッグカフェとは違いお料理を取りに行かなくてはなりません。

「テーブルの下でフセ」だけでなく、「飼い主さんが離れて見えなくてもフセ」です。

ワンちゃんたちは、日ごろの練習の成果を発揮し、お利口でした。

食事中、犬がいるような感じは全くなく、爪音・吠え声等全くありませんでした。

ワンちゃんたちは、飼い主さんの膝の上、椅子の下、壁際に係留、クレート・キャリーバックの中で静かに待てました。

 

なぜできたのか?

 

  1. 飼い主さんがワンちゃんの落ち着ける場所と限界を把握できている
  2. 中に入るまでにしっかりと運動させてエネルギーを発散させてきている
  3. 他犬への配慮ができている(犬の鼻先管理(他犬の目と合わさないように)・静かに動く・トリーツ管理)
  4. 食いしん坊犬にかじるおもちゃで対応
  5. マット・クレート・マナーベルト必要なもので対応

ウィズディの教室でもぜひやりたいと思います。